チャンピックスは禁煙の手助けになる薬で、ニコチン切れによる症状の緩和や、タバコを吸ったときにおいしいと感じにくくする作用が期待できるので禁煙が成功できる可能性が高まります。

チャンピックスの画像と禁煙を目指す男性の写真

禁煙部屋の前に知るチャンピックスの作用

最近ではホテルの部屋が、禁煙部屋と喫煙部屋に分かれているなど、禁煙への意識が高まっています。
タバコを吸うことで健康障害が生じる可能性が高まることは知られていますが、その他にも様々な日常生活において影響を与えるものとなっています。
ホテルや電車など様々な場所でタバコを吸えなくなっていることもあって、本格的に禁煙治療をしようと考えている人も多いでしょう。
禁煙治療を受けたいと思ったときには、禁煙外来などが設置されている医療機関を受診することで専門的な治療を受けることができます。
従来まではニコチンガムなどのような、ニコチン製剤を用いる治療が行われていましたが、現在ではチャンピックスという禁煙補助剤の処方による治療が主流となります。
タバコにはニコチンが含まれていて、継続的に摂取していることで中毒症状が現れます。
ニコチンは脳内のニコチン受容体と結合して、快楽物質と呼ばれるドーパミンを放出させることで、タバコを止めることが難しくなります。
タバコを吸わなくなることで、ドーパミンが放出されなくなるので、その影響によって離脱症状が現れやすくなります。
チャンピックスにはニコチン受容体と結合する作用があることから、タバコを吸っていなくても少量のドーパミンが放出されることを促す効果があります。
そのためにタバコを吸っていなくても、離脱症状やタバコへの切望感を軽減させることが可能となり、禁煙を成功させることができます。
また、チャンピックスを服用していることで、少量のドーパミンが放出されていますので、ニコチン受容体の刺激が継続されており、その結果としてタバコを吸ったときの満足感を減らすことにもつながります。
医療機関で禁煙治療を受けることで、健康保険が適用されますので、3割負担で治療を行うことができます。