チャンピックスは禁煙の手助けになる薬で、ニコチン切れによる症状の緩和や、タバコを吸ったときにおいしいと感じにくくする作用が期待できるので禁煙が成功できる可能性が高まります。

チャンピックスの画像と禁煙を目指す男性の写真

チャンピックスってどこで買うの?

禁煙治療薬として、チャンピックスという医薬品が開発されています。チャンピックスは一般的に薬局やドラッグストアなどで販売されているものではなく、禁煙外来などが設置されている医療機関を受診することで処方してもらえます。
チャンピックスの購入には、医者の処方せんが必要です。禁煙外来を受診することで、合計5回の来院治療を受けることになり、一定の条件を満たすことで健康保険の適用を受けて、診察してもらうことが可能です。保険適応を受けることによって、5回の来院時において3割負担で済みますので12000円から20000円ほどの料金がかかります。保険適応とならないときには、自由診療の扱いとなることで全額において自己負担で費用を支払う必要があります。保険が適応されるのは禁煙外来における保険診療の範囲のことで、尿検査や血液検査を実施している医療機関もあることから、様々な検査を追加で受けることで費用が変わってくることが考えられます。治療の内容については医療機関によって異なってくることで、料金についてもばらつきがあります。診療を受ける前にカウンセリングなどを受けて、どの程度の費用がかかるのか確認しておくと良いでしょう。現在ではインターネット上で個人輸入の方法で仕入れた医薬品の販売をしているサイトが存在しており、チャンピックスについても取り扱いが行われています。通販サイトを利用することで、2週間分のチャンピックスを7000円から8000円ほどの価格で購入できます。通販でチャンピックスの販売をしているサイトでは、割引価格で販売しているところもありますので、販売量が多いサイトであればそれだけ安い価格で購入できる可能性が高くなります。

チャンピックスで煙草がまずくなるのはなぜ?

禁煙成功率の高さや保険治療で実施できるという信頼性の高さなどの魅力が多いのがチャンピックスによる禁煙治療です。煙草がどうしてもやめられないという人のほとんどは煙草に含まれているニコチンに依存症になってしまっているとされており、ニコチン依存症になってしまっていると診断されることで保険適用で行えるのがチャンピックスによる治療です。その成功率が高い理由としてあげられているのがチャンピックスの服用をすると煙草がまずくなって煙草を吸いたいという気持ちを抑えやすくなるからであるということが知られてきます。チャンピックスの服用をするまでは煙草がおいしくて仕方なかった愛煙者でもまずく感じてしまうのにはそのメカニズムに基づく理由があります。煙草がおいしいと感じている理由として大きいのもまたニコチンの作用によるものであり、ニコチンが快感物質として知られるドパミンを脳内で放出させることがおいしいという気持ちにつながっています。これに対してチャンピックスはニコチンが結合してドパミンを放出させるシグナルを出す受容体に結合してしまい、より弱いシグナルしか出さないという特徴を持っています。このため、チャンピックスを服用しているとニコチンを煙草によって摂取してもニコチンが受容体に結合できなくなってしまい、ドパミンが放出されなくなります。そのため、おいしいと感じる快感の刺激がなくなってしまうことになるのです。そして、おいしかったはずなのにという気持ちとのギャップから煙草がまずいという印象に置き換わっていくようになるのです。こういった効果を示すことから、チャンピックスによる禁煙成功率た高まっているとされています。

チャンピックスの止め時は?

禁煙を成功させるための飲み薬として、チャンピックスと呼ばれる医薬品があります。タバコを吸うことで脳内におけるニコチン受容体がニコチンと結合することで、快感物質であるドーパミンの放出をすることから、タバコを止めることが難しくなります。チャンピックスに含まれている成分の作用によって、ニコチン受容体と結合する効果がありますので、ニコチンよりも少ないドーパミンの放出をさせることでニコチン不足による離脱症状を軽減できます。チャンピックスの処方は禁煙外来が設置されている医療機関で受けることが可能で、一般的な治療のメニューは12週間となっています。従って、医者に相談することなく自己判断によって、服用を中止しないことが大切です。自分の力だけで禁煙できると思い込むことで、服用を中断してしまうと禁煙治療薬の処方が受けられなくなるために、禁煙に失敗する確率が高くなります。チャンピックスを服用を開始してから最初の1週間は、少しずつ禁煙治療薬の用量を増やす期間となり、服用開始から3日目までは1日に1回0.5mgの服用を行います。4日目から7日目には服用量を1錠増やして治療を行い、7日目まではチャンピックスを服用しながら、タバコを吸うことも認められます。治療を始めてから7日目までに自然とタバコを吸わなくなったときには、8日目を待つことなく禁煙をスタートさせてもかまいません。12週間の禁煙治療が終了するまで、1日2回のチャンピックスの服用を継続します。チャンピックスの服用は朝、夕の食後に行うものとして、服用することで体調が悪くなったときには医者に相談するようにしましょう。服用を止めるときには医者の判断の下で行うべきであって、自分で服用を止める判断をしないようにする必要があります。